最後に借りられる金融

最後に借りられる金融

信用情報で借入ができない?中小消費者金融が最後の砦

借金は信用情報を元に借りることができる行為です。
もし知り合いからお金を貸してほしいと言われた時に、相手が返済をしてくれるだけの信用があるとなんとか助けてあげたいと思うことでしょう。
しかし、多分返してくれない相手なら、融資を断ることがあります。

 

消費者金融やカードローンの金融機関でも同じです。
その金融機関の目安となる審査に照らして、この人になら貸しても良いと思われる方だけに借入が許可出来ます。
ということで、もし消費者金融などの審査に落ちたのなら、あなたの信用が問題ということになります。
銀行の場合審査のハードルが上がりますから、まますます借りることは難しくなります。

 

ところが闇金に関しては、その審査がありません。
返済出来ない人という「尺」を持たないことから、返済ができないことは理由にならず搾り取ることが目的で、本来の貸借関係を結ぶことは不可能です。
ですから、一応、審査が甘いとされる中小消費者金融での審査に落ちた時点で、あなたの借りられる金融機関はナシと言う結論です。
この現実は逃避できないことであり、自分は信用情報上のブラックリストに乗っていると思ってください。
厳密に言うと、個人信用情報機関では、異動情報ということになります。
この先の銀行ローンは最低でも5年間は凍結になります。

 

その信用情報の何が悪かったか?
考えられるものとしては

  • 返済が遅れる遅滞や延滞
  • 借り過ぎの多重債務
  • 過去の過ちの債務整理

などです。
大きな理由としては以上のものが考えられます。
このようなことが1つでもある時点で大手消費者金融に申込をするとその場で審査落ちになります。
ところが、審査の甘い中小消費者金融になると、審査落ちにならないケースが多いと言われています。

 

例えば、債務整理後のキャッシングの申込については、ブラックリストに乗ってから、1年くらいですぐに審査に通ってしまうことがあります。
意外なほどスムーズにお金を借りることができることがあるというのです。
審査時間はかかりますが、消費者金融側で返済ができる(仕事をして収入が安定している)と判断されると、借入が可能になるというのです。

 

良く言われるブラックリストにも優しい審査の甘い中小消費者金融、ここが最後の借入先です。
残念ながら、ここでは審査落ちがありますから、あまりにひどいブラックリストは借りることが出来ない可能性もありますが、そんなときには弁護士を紹介されて債務整理を勧められることになります。

 

最後に借りられる金融記事一覧

キャッシングで良くわからないのが、銀行カードローンと消費者金融の違いです。どちらも審査があるのは同じですが、内容は違うように思えます。厳しいとされるのが銀行カードローンですが、こちらは限度額が高く金利も低いです。と言えば 厳しいのは当然と言っても良いでしょう。良い条件で借りられるのですから 審査は厳しくしていると思ってください。消費者金融の方がお金をかりる金融機関として特化しています。ですから、銀...

審査落ちしてしまった方がやりがちなのが、申込をあちこちにしてしまう行為です。簡易審査だけならいいやと同じメールアドレスで何社も申込をしてしまうのは危険な行為なのです。Web完結申込は、今や当たり前になっていますが、これは申込をするたびに情報が消費者金融側に報告されると同時に、個人信用情報機関にも報告されます。◯◯と言うアドレスが連続して各消費者金融に申込をしている、どれも審査落ち、信用情報はブラッ...

消費者金融で断られたけれど、どうしてもお金が必要なのでどうしたら良いでしょう?そんな相談のサイトなどを目にします。回答者で正当なのは、迷わず弁護士に相談をしましょう。これが正解です。キャッシングは自由行動ですから、審査に通れば許容範囲であればお金を借りることができます。しかし、金融機関では、その行動を全て個人信用情報機関に照会をしながら、安全な貸し方しかしていないのが実情です。ですから、危険な借り...

審査に甘い中小消費者金融の存在を知らない方は結構います。名前を聞いてもわからないことから、その消費者金融は闇金ではないか?という方もいるくらい知名度はありません。しかし、カードローンなどではなく、古典的に振込や来店して面接をした上で、納得してお金を貸金業者は存在しています。大手消費者金融での審査落ちをした方の中では、こうした中小消費者金融で借入ができたと口コミが多いです。実際に、ホームページでは、...